2018/6/4-2018/6/8のGBP/JPY(英ポンド/円)週間予想

2018/6/4-2018/6/8のGBP/JPY(英ポンド/円)週間予想
DMM FX

2018/6/4-2018/6/8のGBP/JPY(英ポンド/円)週間予想

GBP/JPY(英ポンド/円ドル) チャート/注文・ポジション状況

英ポンド/円チャート(15分足)


Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

ポジション状況

:買いポジション件数 /:売りポジション件数

:買いポジション量 / :売りポジション量

今週のレンジ予想

1ポンド=144.15-147.30円

先週の総括と今週の展望

先週は、週明けの英国市場がスプリング・バンク・ホリデーで休場だったものの、ユーロ圏主要国の政治的懸念を背景に、リスク回避の動きが強まり、円やスイス・フランを買う動きが優勢となった。また、株価や原油価格が下落したことも加わり、ポンド/円は週明けの146.18から143.20まで下落する動きとなり、2017/9/17以来の安値を付けた。その後、トランプ政権が米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限の発動が発表されたことを受けて、貿易摩擦に対する懸念からやや上値の重い動きとなった。ただ、週末にはイタリアの政治的リスクが後退したことや、株価の上昇などもあり、また値頃感の買い意欲も強く、146.31まで上昇する動きとなった。今週は、上値の重い動きが予想される。先週は、米国の貿易摩擦とイタリア、スペインの政局を巡る不透明感を背景に、上値の重い動きとなったが、英経済の先行きに対する不透明感も介在しており、上値の重い展開が続く可能性も考えられる。また、英国のEU離脱方針に関しては、英与党内で依然としてまとまっておらず、6月後半のEUサミットまでにまとまるのかが注目されている。今週は、英国の主要な経済指標の発表が少ないことから、ユーロ圏の政治情勢などが引き続き材料視される可能性も考えられる。
記事元:SBI証券


米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況