FX相場師による当日・週間為替予想

2015/11/30-2015/12/04のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想

2015/11/30-2015/12/04のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想

今週のレンジ予想

1ユーロ=1.0400-1.0900ドル

先週の総括と今週の展望

ドル円はレンジを想定。今週、構成比率の高いユーロの一段安を背景に、ドルの相対的な強さを示すドルインデックスは節目の100を回復。3月中旬以来の高値をつけた。ただ、12月の米利上げとユーロ圏の緩和強化は既定路線であり、ここ数日のユーロ以外の主要通貨に対するドルの強弱はまちまち。12月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは、先に金融政策が発表されるユーロの動向に振らされつつも、ドル円はトレンドに乏しい推移を続けそうだ。 来週は米ISM製造業景況指数などの発表をこなし、週末に11月雇用統計を迎える。感謝祭翌日の「ブラックマンデー」や、週明けの「サイバーマンデー」など、米小売業界に大きな影響を与えるイベントの結果も伝わる見通し。12月の米利上げが確実視されているとはいえ、金利先物市場における利上げ織り込み度は8割弱で停滞している。欧州との政策対比と、雇用統計を含めた一連の結果で米金利の動向を伴って利上げを完全に織り込む格好となれば、ドルの上値余地はもう少し広がる可能性がある。 ユーロは12月3日の欧州中央銀行(ECB)理事会で発表される追加緩和の内容と、スタッフの物価・成長見通し、ドラギ総裁の会見次第となるだろう。金利先物市場の動きからは、預金ファシリティ金利がマイナス0.3%へ引き下げられることが織り込まれている。資産買い入れの実施期間が、現行の2016年9月から最低でも半年程度延長されるとの見方も出ている。足元では買い入れ対象に地方債が追加され、月額の購入額が引き上げられるとの予想もある。ドイツに加え、オーストリアやオランダなど、域内で格付けの高い国の2年債利回りはマイナス圏での推移が定着しており、一定の緩和実施をすでに織り込んでいる。こうした状況を背景に、利回りが預金ファシリティ以下の債券も購入できるように、枠組みが変更される可能性がある。 ただしユーロ圏における国債以外の買い入れ対象の市場規模は極めて小さく、流動性の観点からは国債の購入額拡大余地も限定的といえる。一定規模の追加緩和は不可避だが、政策変更の焦点がフォワードガイダンスの強化に集中し、段階的な緩和実施を強くコミットする内容にとどまれば、短期的な材料出尽くしからユーロが反発する余地は十分に考えられる。いずれにせよ、一連のイベントでユーロが一段と下値を広げるか、年内の底値を形成するような足型を示現するかの見極めどころとなる。
記事元:DZHフィナンシャルリサーチ

関連ページ

2015/11/23-2015/11/27のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2015/11/16-2015/11/20のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2015/11/09-2015/11/13のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2015/11/02-2015/11/06のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況