FX相場師による当日・週間為替予想

2015/06/29-2015/07/03のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想

2015/06/29-2015/07/03のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想

今週のレンジ予想

1ユーロ=1.100-1.140ドル

先週の総括と今週の展望

ユーロ/ドルは、ギリシャ支援問題に関する合意期待が高まり、ドイツ10年債利回りも上昇したにも拘らず、市場の懸念の後退が米中長期債利回りの上昇とドル高に繋がった面の方が大きかったことから、23日にかけて大きく下落し、一時1.1135ドルの安値をつけた。その後は、25-26日のEU首脳会合に向けてギリシャ政府と債権者側の間の溝があまり埋まっておらず週内の合意の可能性が後退したにも拘らず、1.12ドル丁度を挟んだ狭いレンジでの小動きとなった。ユーロは、ギリシャ支援問題について月末の期限に向けて何らかの合意に達すればユーロにとって好材料のはずだが、米利回りの上昇とドル高に繋がり易い点も考慮すると、対ドルよりもユーロ/円の方が上昇し易いとみられる。逆に合意に至らずギリシャのデフォルトリスクが高まると、ユーロ安圧力とドル/円の下押しの両方が下落要因として効いてくるユーロ/円の方が動きそうだ。なお、週初にはドイツ6月HICPとユーロ圏6月HICPが発表予定で、いずれもV字回復してきたものが反落する予想となっており、どちらかというとユーロ安要因だが、週初はギリシャ問題が焦点となりそうで、HICPへのユーロの反応は限定的となろう。
記事元:マネックス証券

関連ページ

2015/06/22-2015/06/26のEUR/USD(ユーロ/米ドル)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
週間予想 EURUSD 2015年6月15日〜6月19日
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
週間予想 EURUSD 2015年6月08日〜6月12日
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
週間予想 EURUSD 2015年6月01日〜6月05日
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況