2018/3/5-2018/3/9のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想

2018/3/5-2018/3/9のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想
DMM FX

2018/3/5-2018/3/9のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想

今週のレンジ予想

1ユーロ=127.57-133.78円

先週の総括と今週の展望

前週は、週明けから欧州や日米の株価が堅調な動きとなったこともあり、序盤から堅調な動きとなった。しかし、ドイツのインフレ指標が予想より弱かったことや、ECB(欧州中央銀行)政策委員会メンバーの発言も影響し、ユーロ・円は軟調な動きとなった。パウエル米FRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言でのタカ派的な発言を受けて、米国の利上げペースの加速が意識されたことや、トランプ米大統領が輸入制限の発動方針を表明したことで、米国をはじめ世界的に株価が大幅下落となったこともユーロ・円の圧迫要因となった。週末には黒田日銀総裁が2019年頃に出口政策を検討と発言したことを受けて、一段の円買いとなり、ユーロ・円は週序盤の132円18銭から129円56銭まで下落し、昨年9月8日以来の安値を付ける動きとなった。 今週は、底固い動きも予想される。2月は高値から7円以上の下げとなっており、やや値頃感も意識されている。対ドルでは、高値からの調整となったものの、依然として堅調を維持しており、株価の大幅下落などによる円買いが一服すれば、ユーロ・円の上昇に繋がる可能性もあるだろう。今週は、8日にECB理事会が予定されており、注目が集まっている。特に、ユーロ圏消費者物価指数が1年2ヵ月ぶりの低水準となったことで、ECBが緩和策の縮小に慎重になる可能性も考えられることから、声明やドラギ総裁の会見での発言に注目したい。また、イタリアやドイツの政治的な警戒感が高まっていることもあり、ユーロ圏主要国の政治情勢にも注目したい。
記事元:モーニングスター

関連ページ

2018/3/12-2018/3/16のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況