2016/12/12-2016/12/16のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想

2016/12/12-2016/12/16のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想

2016/12/12-2016/12/16のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想

今週のレンジ予想

1ユーロ=120.06-122.50円

先週の総括と今週の展望

前週は注目されたイタリアの国民投票で憲法改正案が否決され首相が辞任を表明したことから、政局不透明感を背景にユーロ・円は週明けにギャップダウンして始まった。前週の海外市場の終値の121円台から118円台まで大きく下落する動きとなったが、国民投票の結果はある程度織り込み済みだったこともあり、その後の売りポジションの巻き戻しや、値頃感の買いが優勢となり、一時123円台まで反発した。ただ、週後半には、ECB(欧州中央銀行)理事会で量的緩和の資産買い入れ期間が延長されたことを受けて、121円00銭まで下落する動きとなるなど、前週は大きな動きとなった。 今週は上値の重い動きが予想される。ECB理事会の結果発表では資産買い入れ額が減額されたことで急騰する場面もあったが、テーパリングではないとの総裁発言などもあり、基本的に緩和継続との見方から一転して急落となったことから金融政策に対する懸念も残っている。また、イタリアをはじめ欧州の政治リスクも懸念要因となる可能性もある。対ドルでは15年3月以来の安値水準となっているが、円売りの影響でユーロ・円は5月以来の高値水準にある。円売りの一因となっている米国の利上げ(日米金利差拡大)がFOMC(米連邦公開市場委員会)で決定される可能性もあり、利上げ決定なら達成感、見送りなら失望感の円買い戻しの動きも考えられることからFOMCの結果と動きに注目したい。
記事元:モーニングスター

関連ページ

2016/12/5-2016/12/9のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2016/12/19-2016/12/23のEUR/JPY(ユーロ/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況