FX相場師による当日・週間為替予想

2016/2/8-2016/2/12のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

2016/2/8-2016/2/12のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

今週のレンジ予想

1ドル=115.55−119.50円

先週の総括と今週の展望

FRBは、昨年12月に9年ぶりの利上げに踏み切った。FOMCの声明によると、利上げの理由を「労働市場は今年、顕著な改善を示したと判断でき、物価も2%の目標に中期的に上昇していくと合理的に確信できる」としている。しかし米利上げ以降の世界経済見通しは悪化。1/21にはIMFが世界経済見通しを下方修正し、1/28のFOMC声明文では「経済成長は昨年末にかけて減速」としている。■FRB幹部の発言は過度な期待への牽制か■「Fed official flags tight conditions(FRB幹部は厳しい環境を示した)」−。これは2/4の英経済紙一面だ。2月に入ってフィッシャーFRB副議長は、「(年内の利上げペースについて)4回は検討されている選択肢の一つだが、予め決まっているわけではない」と発言。そして、イエレンFRB議長の側近とされるNY連銀ダドリー総裁までもが、「金融情勢が昨年12月より著しく逼迫しており、こうした状況が3月の会合まで継続するようなら、金融政策決定を行う上で考慮する必要がある」と、市場の利上げテンポ感を曇らせた。当然、ドルブル派の勢いは鈍化した格好となる。■1ドル115円以下になるのか■今後の動向を紐解く上で2点注視したい。一つは、1/29の「日銀マイナス金利導入」に際し、黒田総裁は「誰も予想しなかった原油の大幅下落」「リスクの顕現化を未然に防ぐ」などを理由としたことだ。もっとも、緩やかな景気回復基調や物価目標2%に向けた自信は揺らがず、市場の信認性に努めた格好だ。二つめは、2/10-11のイエレン議長による上下院議会証言である。そもそも12月利上げに対して米経済は耐えられるとした判断は、労働市場や物価目標に合理的確信を持ったからの決断のはずだ。それにもかかわらず、利上げ後僅か2ヶ月弱で米経済の脆弱性を議会で証言するだろうか。同証言(草稿は事前配布)に法的拘束力は無いが、市場の信認を低下させる発言は避けると読む。日米金融政策の方向性の違いが明確であることから、イエレン証言の強弱で円の振り幅が拡がるだろう。ドル円下値焦点は1/20安値115.96と示現後の戻り安値116.20。同水準圏を下抜けると2015/1/16安値115.84、2014/12/16安値115.55。上値焦点は2/4高値118.25。越えれば2/3下落帯(119.30-118.65)が視野入りとなるが、日足雲下限が緩やかに119.73を指針しており、120円台示現は望外と推考。
記事元:岡三オンライン証券

関連ページ

2016/2/29-2016/3/4のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2016/2/22-2016/2/26のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2016/2/15-2016/2/19のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2016/2/1-2016/2/1のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況