FX相場師による当日・週間為替予想

2016/1/25-2016/1/29のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

2016/1/25-2016/1/29のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

今週のレンジ予想

1ドル=116.50−119.20円

先週の総括と今週の展望

「現時点で追加緩和をするという考えはございませんが、従来からこれ、申し上げていますが物価の基調に変化が生じた場合には躊躇なく金融政策を調整する用意がある、と言うことは申し上げております」−。これは1/15の参院予算委における黒田日銀総裁の答弁だ。原油安は予想外だが、好循環が進み緩やかに物価の基調は改善されている、とした姿勢は崩していない。■原油安に悩む政府・日銀■1/18の日銀支店長会議において黒田総裁は「エネルギー価格下落の影響から当面0%程度で推移するとみられる」と挨拶。2%の物価目標実現に向けた阻害要因として、原油の下落を改めて示した格好となる。国際エネルギー機関(IEA)1月報告では、少なくとも2016年末までは供給過剰の状態が続き、原油価格は一段と下落の可能性があるとし、資源エネルギー庁は1/20に店頭ガソリン全国平均小売価格の12週連続値下がりを公表。デフレ脱却を掲げる政府日銀にとっては、雇用の安定や物価上昇を脅かす事象だ。原油下落による影響の構図は、@産油国の財政圧迫、Aグローバル金融資産の売却・引き揚げ、B日本株売り/外貨売り円買いに波及、C円高が輸出企業群の収益圧迫、D企業の雇用拡大・設備投資・賃上げの躊躇、との見方に繋がる。ポイントは1点。安倍首相が「政府、日銀一体でデフレ脱却を目指す」と発言するなか、12月日銀短観で判明した主要輸出業種の2015年度想定為替レート (参考:電機119.62円、自動車118.82円)より、更に円高水準で推移するのをこのまま看過するのか否かだ。1/19の米経済紙は「Investors Betting on Continued Yen Strength Stronger currency seen threatening ‘Abenomics’(投資家は継続的な円高に賭ける。通貨高は“アベノミクス”を脅かす恐れ」と報じている。■3度目の黒田バズーカ次第で上下双方向リスク■物価の基調が改善、と自信を示す中で、あえて緩和に踏み切るか否か。物価上昇に賃上げは不可欠とした黒田総裁には1/29会合は熟慮の場面となる。ドル円下値焦点は1/22安値117.52、1/21安値116.465。最大リスクは昨年1/16安値115.84、2014/12/16の115.55を試す動き。対して上値焦点は1/13高値118.38超、1/8高値118.95。超えれば、1/6高値119.18が視野となる。1/5高値119.71は望外か。
記事元:岡三オンライン証券

関連ページ

2016/1/18-2016/1/22のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2016/1/11-2016/1/15のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況