FX相場師による当日・週間為替予想

2015/09/28-2015/10/02のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

2015/09/28-2015/10/02のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

今週のレンジ予想

1ドル=119.20−121.50円

先週の総括と今週の展望

「Yellen reiterates case for 2015 rate rise(イエレンFRB議長は2015年の利上げ期待を繰り返す)−。これは9/25の英紙一面だ。イエレン議長は9/24に「利上げの条件が揃い、年内利上げが適切と多くのFOMC参加者は考えている」と発言している。では9月の「米利上げ猶予」の理由は何だったのだろうか。■FRBの憂い■8月中旬に中国人民銀行は人民元「基準値」を対ドルで2%引き下げた。8/24世界同時株安、いわゆるチャイナショックにつながる。慎重を期すイエレンFRB議長には、金融政策の責務を痛感するトラウマになったのではないか。これを以て9/17のFOMCでは米経済の堅調さを強調する一方、利上げによる内外景気の悪化を恐れ、金融政策正常化を踏み留まった格好だ。9/15に世界銀行が米利上げとなった場合「世界経済の成長と金融市場安定に深刻な悪影響を及ぼす恐れ」とする報告書にも怯んだ可能性が高い。つまり、利上げの代償が低減化されるまで慎重な“イエレン鳩”は羽ばたくことを止めたのだ。そこで推考しているのは、10月中旬の“五中全会(中国共産党中央委員会第五回全体会議)”における次期経済5カ年計画を精査する、とした見方だ。10月のFOMCに向けての“イエレン鳩“は筋金入りの飛ばないハト派であることを市場に周知させたいのではないか。■日銀の憂い■9/24に安倍首相は自民党総裁再選での正式決定を受け経済成長の推進力となる新たな「3本の矢」を表明。そして「デフレ脱却は目前だ」と強調している。しかし前号で指摘した9/25の8月消費者物価指数(除生鮮)は2年4カ月ぶりのマイナスとなりインフレ率上昇に強気な日銀を追い詰めた格好となった。10/1の日銀短観(チャイナショック時頃から調査票回収)次第では10月の日銀政策会合に向けて“強気なハト”である日銀黒田総裁が“躊躇なき修正”を催促される可能性も否定できない。■ドル円見通し■彷徨するドルに対して恣意的な円急騰場面では“オールジャパン”国内機関投資家の出動を継続して想定。下値最終橋頭堡は9/7-8安値118.79-84。焦点は9/18、9/21の安値圏119.05-20。上値焦点は日足一目均衡表雲の帯120.50-67、200日線推移の120.89、9/18高値圏121.00。上抜ければ9/10高値121.345、8/28-31高値121.50-55を期待値とみている。
記事元:岡三オンライン証券

関連ページ

2015/09/21-2015/09/25のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2015/09/14-2015/09/18のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2015/09/07-2015/09/11のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況