2017/11/20-2017/11/24のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

2017/11/20-2017/11/24のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

2017/11/20-2017/11/24のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想

今週のレンジ予想

1ドル=111.50-113.90円

先週の総括と今週の展望

「Thank you. Thank you very much, everyone. Sorry to keep youwaiting(ありがとうございます。皆さん、お待たせしました)」−。これは昨年11/9夕刻、米大統領選挙・当選確実となったドナルド・トランプ氏の勝利宣言だ。■トランプ大統領誕生後、初の「七面鳥恩赦」を控えて■トランプ政権誕生決定から早いもので1年が経過。第45代米大統領就任式があった2017年1月以降、FOMCは3月、6月に利上げを執行。12月FOMCを控えて、利上げ確率を示すシカゴFEDウオッチでは91.5%(11/17時点)と織り込み度合は極めて高く、金利面で対ドルでの円買いインセンティブが低いことは明確だ。しかし、円安(ドル高)に一本調子では進んでいない。大規模減税策・インフラ投資の不透明感、そして低金利意向とドル高牽制、主要国との貿易協定見直しと米貿易赤字の縮小姿勢、更にはロシアゲート疑惑が、その阻害要因となっている。そうした中、11/20週に筆者が危惧する円高(ドル安)懸念材料が2つ。それは、(1)11/7時点のシカゴIMM通貨先物市場において、投機筋の円売り(ドル買い)ポジションが今年の最高水準となる約12.7万枚に増加したこと。(2)米景気指標が無難な結果を出し続けているものの、米税制改革法案の審議先行きが不透明なうえ、債務上限の適用停止期限も12/8に迫っていること、である。(1)に関しては過去則から臨界点を感じさせる水準であり、(2)の債務上限問題は、特別措置により実際の期限は来年2月〜3月に先送りの可能性があるものの、共和党内での意見対立やトランプ政権による議会調整能力への疑念が、ドルロング派の不安に転じている筈だ。“更なる円売り(ドル買い)テーマが希薄”、“政治の先行きが読み難い”とする、2つの懸念が強まるようだと、11/23の本邦勤労感謝祝日、米国ではサンクスギビングデー(感謝祭)を控えてリスクポジションの縮小、調整に動く、とも読めそうだ。ホワイトハウスでは例年、大統領恩赦として2羽の七面鳥が解放される行事があるが、ドル円も11/23に向けて下放れる可能性に警戒したい。
記事元:岡三オンライン証券

関連ページ

2017/11/6-2017/11/10のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2017/11/13-2017/11/17のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。
2017/11/27-2017/12/1のUSD/JPY(米ドル/円)週間予想
FXの主要ペアにかかるFX相場について、週間の為替動向を予想します。週間予想では、予定されている各国の主要イベントを考慮し、1週間を通しての戦略をお伝えします。当サイト限定の情報もございます。

米ドル/円予想 ユーロ/円予想 ユーロ/米ドル予想 英ポンド/円予想 本日の経済指標 未執行注文状況